ポイント2(納付要件)

初診日の前日において、ⅠまたはⅡの条件の保険料を納付している必要があります。

 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、
保険料が納付または免除されていること

Ⅱ 初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと(初診日が65歳以上の場合はこの要件は使えません)

この期間が、被保険者ではなかった場合や、保険料の全額免除期間、納付猶予期間であれば、納付していた場合と同じ扱いとなります。
一部免除期間の場合は、一部について納付している必要があります。

例えば、20歳翌月に初診日がある場合は、初診日の前々月までの1年間は被保険者である期間ではないので、保険料は一度も払っていなかったとしても保険料納付要件を満たしていることになります。

※被保険者期間であったかどうかについて、
年金制度は、紆余曲折を経て現在の形となっている関係で、現在は強制加入期間である20歳~60歳の間であっても、
加入義務がなかった期間がある場合もあります。納付要件を確認するうえで、このような条件はよく確認する必要があります。

Copyright(c) 2017 WorkLifeSupport. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com